忍者ブログ

CGL125 あれこれ

中国五羊本田製バイク HONDA CGL125 についてのあれこれを綴ります

CGL125 あれこれ > CGL125 電装系カスタム > CGL125のテールランプを電球色LEDバルブに変えてみた

CGL125のテールランプを電球色LEDバルブに変えてみた

CGL125のブレーキ/テールランプをLEDバルブ化したのは以前の記事
CGL125のテールランプにLEDバルブを使ってみた
でお伝えした通りですが、その動作や輝度は十分満足のいくものでしたが発色がピンク色というのがどうにも引っかかるところです。

しばらくそのままで乗っていましたが、こういうものは一度気になるとダメなものですね。
代替え品で何か良いものはないか?悪あがきで探していたところ、CGL125に最適なLEDバルブを見つけてしまいましたw


孫市屋LK24-H_電球色S25ダブル(BAY15d)

孫市屋 S25ダブル(BAY15d) LK24-H 電球色 約2,000円
です。
ブレーキやウインカー用のダブル球は見つけやすいですが、電球色でこの仕様というのはなかなか無いようです。
TAKEGAWAのバルブと同価格帯のLEDバルブですが、こちらのLEDはSMD24連で消費電力3.2W/0.5Wという仕様になっています。
24連フル発光時のブレーキランプの明るさは魅力的ですが、テールランプ時との輝度差が実用に叶うのか早速試してみたいと思います。


孫市屋LK24-H_LEDテールランプ仮点灯

前回同様、まずはソケットのみを取り出して仮装着。
スイッチONでテールランプ発光時点ですでに結構な明るさ。
写真ではわかりにくいですがちゃんと電球色で光っています。


孫市屋LK24-H_LEDブレーキランプ仮点灯

続いてブレーキスイッチONでフル発光。
スッゴイ明るいです!
もちろん発色は電球色。
これは期待できそうですね。


孫市屋LK24-H_LEDテールランプ点灯

テールランプケースに装着してライトON。
明るさが増したことでちょっと赤色が薄く見える感じですがテールライトがちゃんと赤く光っています。


孫市屋LK24-H_LEDブレーキランプ点灯

そしてブレーキランプON。
すげ〜明るい!
実物はもう少し赤色が薄い感じだけどピンク色じゃない!!
これだよ、俺が求めていたものは!!!
遠回りしちゃったけど新しく買ったLEDバルブはお手頃価格だし、明るさ・発色も申し分なしだ!
電球色(ウォームホワイト)のLEDバルブ自体安価ではあまり見かけないものなので、白色LEDでピンク色に見えてしまうCGL125に使用するLEDブレーキ/テールランプにはこれが決定版!と言ってもいいでしょう。

もちろんTAKEGAWAのLEDバルブもCGL125に使用するのでなければオススメできる良い品物だと思いますよ。
今回のテールバルブのLED化では結果として二つのLEDバルブを購入するはめになったけど、「LEDバルブの発色とレンズの組み合わせで見え方が大幅に変わる」という一例として、読者の皆様にとって参考になるのならまぁいいでしょう。



と、本来ならここで終わるところですが、ブレーキランプに問題発生!
ここ最近、フロントブレーキの操作に連動してブレーキランプが消えずに点きっぱなしになってしまうという状態が高確率で発生するようになっていたので、今回同時に問題点を探ってみることにします。

ブレーキランプのトラブルといえばリアブレーキスイッチの動作不良で点灯しなくなるというのがよくあるパターンだと思いますが、今回はフロントブレーキの動作時でかつブレーキを解除してもランプが点灯し続けるというもの。
点灯しているということは配線関係のトラブルではないでしょうから、怪しいのはやはりブレーキスイッチでしょう。


Fブレーキスイッチの外し方

まずは右フロントブレーキスイッチを点検してみます。
ブレーキレバーを外してからホルダーに付いているスイッチの接続端子を外すとブレーキスイッチのオス端子が見えます。
このスイッチは爪などで固定されているわけではなく、ただ差し込んであるだけなので端子側から矢印方向にマイナスドライバーなどで慎重に押し出してやると簡単に取り出すことができます。


Fブレーキスイッチテスト

まずはスイッチの動作を確認するため、外した平型端子にスイッチのみを装着してイグニッションキーをオンにします。
この状態でスイッチの先端から出ている細い棒状の部品を押し込んでやれば点灯しているブレーキランプが消えるはずです。

今回ブレーキスイッチを外して初めて知りましたが、このスイッチは通常ブレーキ操作をしていない時は細い棒状の部品が押し込まれている状態になっていて、ブレーキ操作をすることでスイッチ内部にあるスプリングで棒状の部品が押し出されてスイッチオンになる仕組みになっていました。
なので上の写真の状態ではブレーキランプが点灯している状態なのです。
スイッチを何度か押してみますが動作は正常で、特に引っかかりや戻りの悪さなどはありません。
試しに同じパーツを使用しているクラッチレバーのスイッチを取り付けて見ますが変化なし。

ブレーキワイヤーの取り回しや引きしろを見たりしましたが、ブレーキランプが点灯し続ける状態を再現できません。
スイッチの不良ではないようだし、これはもうお手上げか?と思いましたが、ブレーキに関連するパーツで以前に純正から変更したパーツがあったのを思い出しました。
そう、純正ブレーキレバーの代わりに流用した社外品パーツのクラッチレバーです。

しまってあった純正のブレーキレバーを引っ張り出してきて取り付けてみると正常動作し、流用した社外品クラッチレバーを取り付けるとブレーキランプ点灯しっぱなしの状態がが再現されました。
CGL125のブレーキレバーについて 〜流用パーツを試してみる〜


レバー突起部の比較

レバーを純正に戻せば解決なのはわかりましたが、それでは面白くないので社外レバーの何が悪いのかちょっと探ってみます。
流用した社外品レバーと純正レバーを比較してみるとスイッチを押し込む突起部分のサイズに違いがあることを見つけました。
正確な数値ではありませんが、写真に示す部分の純正レバー約9mmに対し、社外品レバーは8mmと約1mmの差がありました。

このことから導き出される推測としては、ブレーキスイッチOFFの時にスイッチを押すレバーの突起部が純正レバーに対して1mm少ない社外品レバーはブレーキスイッチONとの境界ギリギリのところにあり、冬季に入ってから取り付けたハンドルカバーの影響などもあってほんの少しレバーに触れただけでもブレーキが点灯してしまうという状態を発生させてしまった、という事なのでしょう。

不具合の特定もできて一件落着!というところですが、このまま純正レバーに戻すのもなんなんで買い置きして予備にしておいた4本のホンダ系社外クラッチレバーの突起部を測ってみました。
今回不具合のあったレバーと同形状のもの2本は突起部も同じサイズで、異なる形状の2本は純正レバーと同サイズという結果でした。
という訳で純正レバーは引き続き予備パーツとして保管し、突起部が純正と同じサイズの社外クラッチレバーを装着。

社外品クラッチレバーをブレーキレバーとして流用する時、こんな小さな突起のサイズ差で動作に不具合を発生させるとは思いもよりませんでした。
同様なケースで社外品クラッチレバーをブレーキに流用する時は、トラブル回避のため純正部品とのサイズ差を測ってみることをオススメします。

今回の作業はこれにて終了!



Fブレーキレバースイッチのサイズ

ついでなのでブレーキスイッチのサイズを測っておきました。
参考にどうぞ。
純正部品番号 35330-KRF-T00 : SWITCH COMP.,FR. LEVER
多分中国製CG125もこれと同じスイッチを使っているはず。


ブレーキスイッチ取付位置

ちなみにスイッチを取り付ける時はレバーホルダー内部にある切り欠きの位置にスイッチの突起を合わせて差し込みます。




雷太さんより拍手コメントいただきました、ありがとうございます!
白色LEDのTAKEGAWA バルブも十分に使えるものですが、純正仕様にこだわる電球色LEDなら今回の孫市屋はオススメです。
明るさも十分ですし値段も手頃なので、耐久性があるならこれ一択といっても良いのではと思いますよ。


※関連記事
CGL125のテールランプにLEDバルブを使ってみた
CGL125のブレーキレバーについて 〜流用パーツを試してみる〜




こちらもおすすめ



「拍手する」ボタンから頂いたコメントは、公開・返信ができない仕様となっています。
申し訳ありませんがご了承の上、公開可能なコメント・ご質問等は、各記事の下にあるコメント欄からお願いします。
(記事が一覧表示の場合は↓のコメントボタンをクリックしていただくと、コメント送信欄が表示されます)

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは「にほんブログ村」に参加しています

拍手[1回]

PR

コメント

1. ピンク終了ですか…

ピンクも妖しげな雰囲気が良かったのですが…
電球色も明るくて良さげですね〜
cafe Doorなぅ!(笑)
11日のブログにCGLが写ってますよ〜
タミさんが教えてくれたのですが…

ピンク終了です!

ピンクがどうしても嫌という訳でもなかったんですが、電球色を見つけてしまったので、ついw
マツシマのテールバルブは私には高くて購入できませんでしたw
本当はテールバルブのLED化の必要性はなかったのですが、これから始める電装系カスタムの関係上消費電力を削減しておきたかったのですよ。

それからcafe Doorさんのブログ見ましたよ〜。
湘南地区にもCGLが存在してるんですね。
しかも同じブルーとは!
ノーマルっぽい佇まいが懐かしいです。

2. あれ?

スンヤさんかと思ったら、別人でしたか?
Jokerのブログの読者を名乗っていたそうですが…(笑)

Re:あれ?

>スンヤさんかと思ったら、別人でしたか?
>Jokerのブログの読者を名乗っていたそうですが…(笑)

私ではないですね〜、行ったことないですし。
Jokerさんのブログは有名ですし他のCGL乗りの読者さんがいても不思議ではないはず!

自分以外のCGL125の存在確認ができてちょっと嬉しいです♡

最新コメント

[10/14 生粋ホンダやんちゃ少年]
[08/05 緑kuku]
[07/24 horiken]
[07/12 horiken]
[07/11 horiken]

ご質問等コメントがありましたら各記事の下にあるコメント入力欄からお気軽にどうぞ

最新トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村」に参加しています 気になるブログ記事がありましたら↑のリンクからどうぞ!

バーコード


スマートフォンのバーコードリーダーで読み取っていただくとこのブログを簡単にスマホでご覧いただけます

P R

プロフィール

HN:
すんや
性別:
男性
自己紹介:
約20年ぶりにCGL125でMTバイクにリターンしました。
このブログは私の備忘録とアルバムを兼ねたものですが、同車種ユーザーさんやその他原付二種ユーザーさん達といろいろ情報交換できたらと思ってます。