忍者ブログ

CGL125 あれこれ

中国五羊本田製バイク HONDA CGL125 についてのあれこれを綴ります

CGL125 あれこれ > CGL125 カスタマイズ > 内圧コントロールバルブ番外編 ジャンクなAIリードバルブを試してみた

内圧コントロールバルブ番外編 ジャンクなAIリードバルブを試してみた

またまた懲りずに内圧コントロールバルをいじってみましたよ。
前回のVer.2改で概ね満足していましたが、偶然あるものを入手したので試してみました。


先日たまたま寄り道したアップガレージのわけあり品コーナーでこんな物を発見。
自作内圧コントロールバルブの改造に使えそうな感じだったので躊躇うことなく購入w

ジャンクAI全体

多分エアインジェクションシステムの部品一式でしょう。
どのバイクに付いていたものかわかりませんが、必要ない人にはゴミにしかならない部品のようで・・・


ジャンクAI値札

なんと、お値段は30円!
リードバルブだけでも3~4000円するそうなので、ホースはともかくとして、ホースクランプやらいろいろ使えそうな部品も込みでこのお値段は破格ですね!
いいおもちゃを手に入れましたw


AIリードバルブ外観

さて、こちらが今回内圧コントロールバルブに流用するリードバルブの部品です。
レデューサーとも呼ばれているようで、ネット上の情報では負圧を利用したアクティブタイプの減圧バルブに利用されているのをよく見ますね。


AIリードバルブ分解

分解してみました。
右からイン側ケース、リードバルブ、アウト側ケースになります。
イン側、アウト側のケースに挟まれるようにリードバルブが内蔵されます。
2ストロークエンジンではおなじみのリードバルブと同様な動きをするワンウェイバルブですね。


AIバルブ部分アップ

リードバルブのアップです。
板状バルブの上にはストッパーがついていてバルブ全開時の空き幅は0.5mmほど。
ケースに接する部分と板状のバルブに接する部分はゴムでコーティングされ気密を保つようになっています。


AIリードバルブ逆向き外観

ちなみにケースを写真のように逆向き取り付けてもバルブは動作するみたいです。
ホースの取り回し次第ではこちらの形状も選択できて便利ですね。


内圧コントロールバルブVer.2改装着

現在使っている灯油ポンプを利用した内圧コントロールバルブVer.2改です。
こいつの代わりにジャンクなリードバルブを装着してみましょう。


AIリードバルブ装着

排出側のホースを別途用意して、まずはノーマルでのバルブの動きを感じるためにそのままの状態で取り付けてみました。
ホースの取り回しも特に問題なくサイドカバーに干渉することもなく取り付け完了。
エンジンを始動し、アウト側のホースを外して音を聞いてみるとポコポコ音がして、アイドリング状態ではバルブが正常に動作しているようでした。
それでは簡単に試走をしてみます。

走り始めて最初に感じたのは、灯油ポンプ流用の内圧コントロールバルブに比べてエンジンブレーキが激減したことでした。
今までの感覚で運転するとブレーキが間に合わないほどエンブレが減りました。
これはイイ!とさらに走ってみると、どうも6,000回転以上のレスポンスが悪い
高回転域での感じが失敗したVer.2と似ていてどうも重い感じ。
だんだんレスポンスが悪化し、トルクも細ってノーマルよりダメな感じになってきたので、途中で心配になって灯油ポンプタイプに交換しました。

外して状況を確認してみると、バルブに水蒸気が溜まりビチャビチャ
しかもその水蒸気でリードバルブが張り付いたようで、バルブが断続的に開閉するようになっていました。
元々負圧で動作するリードバルブをブローバイガスの排圧でパッシブに動作させていることに無理があるのか、水蒸気が発生したことでバルブ開閉が断続的になり、今回リードバルブをつけることでむしろクランクケースの内圧が上がってしまったようです。

リードバルブを内圧コントロールバルブにパッシブで流用するにはバルブ自体の構造的な問題があるようで、少ない排圧でも動作させるには加工をする必要がありそうです。
そんな訳で、バルブの動きを観察してみようということで動画を撮ってみました。


ご覧のようにバルブストッパーがついた状態ではデフォでしっかりバルブが閉じており、排圧によってバルブが開いても開度が少ないようで、これに水蒸気が加わるとバルブが張り付きを起こすのも納得がいく感じがします。
それに対して、試しにストッパーを外してバルブに隙間を空けてやるとバルブの開閉が大きくなります。
ストッパーを外したまま装着するわけにもいかないでしょうから、バルブ自体を少し折り曲げるなどして隙間を作ってやることで、同様な効果を得られるのではないかと思いました。

今回はここで時間切れとなったので、次回バルブの折り曲げ加工などをして試してみようと思います。



※関連記事





こちらもおすすめ



「拍手する」ボタンから頂いたコメントは、公開・返信ができない仕様となっています。
申し訳ありませんがご了承の上、公開可能なコメント・ご質問等は、各記事の下にあるコメント欄からお願いします。
(記事が一覧表示の場合は↓のコメントボタンをクリックしていただくと、コメント送信欄が表示されます)

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは「にほんブログ村」に参加しています

拍手[4回]

PR

コメント

最新コメント

[10/14 生粋ホンダやんちゃ少年]
[08/05 緑kuku]
[07/24 horiken]
[07/12 horiken]
[07/11 horiken]

ご質問等コメントがありましたら各記事の下にあるコメント入力欄からお気軽にどうぞ

最新トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村」に参加しています 気になるブログ記事がありましたら↑のリンクからどうぞ!

バーコード


スマートフォンのバーコードリーダーで読み取っていただくとこのブログを簡単にスマホでご覧いただけます

P R

プロフィール

HN:
すんや
性別:
男性
自己紹介:
約20年ぶりにCGL125でMTバイクにリターンしました。
このブログは私の備忘録とアルバムを兼ねたものですが、同車種ユーザーさんやその他原付二種ユーザーさん達といろいろ情報交換できたらと思ってます。